2014年4月30日水曜日

第三回 中国地方DB勉強会を開いてきた

第二回から少し間が空きましたが第三回を開催しました。
今回もJPUG主催で行いましたがDBの種類関係なくハンズオンを行いました。
詳細は次のとおりです。

■中国地方DB勉強会のポータルサイト

GitHub上に作ってます。

中国地方DB勉強会

■第三回のコンテンツ内容

第三回中国地方DB勉強会申し込みサイト

■メーリングリスト

次回の告知についてはMLを使います。
興味がある方はチェックしてみてください。
講師の資料についてはポータルサイトのまとめに添付されています。

Googleグループ

dbstudychugoku@googlegroups.com

■動画とtwitterのまとめ

今回は諸事情によりありません。

■第三回のアンケート募集中

当日に参加やUst拝見された方は下記のアンケートに答えてくださると嬉しいです。
次回のコンテンツや今後の運営に活用させて頂きます。

アンケートはこちら
※匿名アンケートです


と以上のとおりです。

今回は久々に登壇しました。




資料としては非常にシンプルです。
実際の設定や詳細を知りたい人は

  「Linux HA PostgreSQL」

とかで検索すると幸せになれると思います。
Linux-HA Japan様が本当に詳しく情報提供してくれてます。
pgpool2については公式の日本語ドキュメントがあります。
また作者の石井さんには色々と助けていただきありがとうございました。

そして開催した感想ですが今回は初めてハンズオンに挑戦しました。
内容は会員向けファイルダウンローダーサイトのDB設計です。
すっごいざっくりとした仕様と僕が作ったWebのモックを元に皆さんに設計していただきました。
DB設計に慣れてる方が多く、結果は綺麗な正規化ばかりでした。
なのでマサカリの投げ合いになることはありませんでしたね(残念
その中でも印象に残ったのは

  • ファイルのバイナリをDBに保存するチームは居なかった
  • DBユーザをロールで複数作るチームも居なかった
  • ハンガリアン記法(m_userとか)も居なかった
ことですかね。
僕は例では3つともした(だってViewとか作る時にv_hogeとかしたいじゃん!)ので僕の実装例の時に集中マサカリを受けました(震え声。
そりゃ血塗れになったので覚えてるって話です(涙目
他にも

  • みんな外部制約キーを設定してた
  • DB固有の機能はほぼ使われてなかった
  • 極端な設計(IDリクワイアドとか)もなかった

といった感じでした。
これは参加者が純粋にレベルが高かったと言う印象です。
逆に言うとホントは来て欲しいDB初心者にはまだ参加のハードルが高いのかなとも思います。
初心者の参加については次の回の課題ですね。
またバリバリのRails使いが居たりすると結果は違ったかもしれません。

このハンズオンとは別に話題に上がったのは

  • column順番拘るか
  • updated_atやcreated_atは必要か
  • 削除の扱いについて
  • 外部制約かけるとER図をリバース・エンジニアリングする時に楽

というのがありました。
この変は実装の文化の違いなどもあるでしょうから他の人にも聞いてみたいところですね。

といった感じで非常に濃い内容の勉強会でした。
特にハンズオンをきっかけに色んな人の文化や考え方に触れられたのは勉強になりました。
意見交換自体は毎回やるようにしたいと思います。
個人的にはDDLの管理(DBマイグレーション?)はみんなどうしてるのか知りたいですね。


以上が第三回のことですが第四回は次のとおりに考えてます。

○第四回 中国地方DB勉強会 in 岡山

■開催概要
日時:2014年7月13日か21日(予定)
会場:岡山駅周辺を検討中
内容:PostgreSQLとMySQLの実行計画の使い方とチューニングについて

をやろうと思います。
講師については調整中なのでどこまで細かいところまでフォロー出来るかはわかりません。
ですが初心者の方こそ参加して欲しい内容になっております。
また勉強会の最後に意見交換の時間を用意します。
ここで日頃の疑問や困ってることをぶつけていただけたらと思います。

詳細が決まりましたら随時MLで告知していきます。
ご興味がある方はMLに参加をよろしくお願いします。
また申し込みサイトはDoorKeeperを利用予定です。
そちらのコミュニティも合わせてご活用ください。

といった感じで次は7月です。
久々の岡山ですが既に楽しみな内容にワクワクしてます!
また次回もどうぞよろしくお願いします。